【叶わない人必見】願い事が叶いやすい手帳の書き方5選

願い事を叶えるにはさまざまな方法があります。タロット占いなどからヒントを得ることも出来ますが、タロットカードを買う必要があります。

一度だけ運勢を見るのにお金を使うのはもったいなく感じる人も多いでしょう。そんな人におすすめなのが、手帳の書き方を少し変えてみるという簡単な方法です。

今回は願い事が叶いやすい手帳の書き方を5つご紹介します。

手帳はシンプルなデザインのものを選ぶ

手帳はシンプルなデザインのものを選びましょう。中のデザインもあまり線などが引いていないシンプルなものが良いです。

シンプルなデザインのものを買ってシールを張ったりイラストを描いたりするなどして、自分のオリジナルのデザインのノートを作りましょう。

大型で細かく書き込める手帳を選ぶ

バックに入るサイズのコンパクトな手帳を使っている人は多くいますが、B5やA5など大型の手帳がおすすめです。

1時間ごとに予定を書き込める手帳もあれば、1マスしか用意されていないものもあります。

線はあまりない方が良いですが、細かくたくさん書き込むことができるものを選びましょう。

鉛筆ではなくボールペンで書く

手帳に記入する際は鉛筆や水性ペンではなくボールペンを使いましょう。

願いごとを叶えるには長く消えないことが大切です。油性ペンだと裏に移ってしまうのでボールペンがベストな選択です。

最低でも3色使って書く

たくさんのカラーのボールペンを使って書くことがポイントです。最低でも3色使って書きましょう。感情によって色を変えてみることもおすすめです。

レッド、イエロー、オレンジなど色味が近いカラー3色でもいいですし、レッド、ブルー、グリーンなど自分の好きな3色を選んでも良いです。

顔文字や絵文字を描く

顔文字や絵文字を描くことも願い事が叶いやすい手帳の書き方の一つです。

笑ったり泣いたり感情を分かりやすくすると良いでしょう。顔文字の他にもハートや星マークを描くことも気持ちを表現することに役立ちます。

願い事が叶わない手帳の書き方

願い事が叶わない手帳の書き方もあわせてご紹介します。

1.ごちゃごちゃしたデザインの手帳を使っている

2.コンパクトで書き込むスペースが狭いものを使っている

3.ボールペンではなく鉛筆で書いている

4.黒しか使っていない・2色しか使っていない

5.顔文字や絵文字を描いていない

この記事では願い事が叶いやすい手帳の書き方を5つご紹介しました。5つのことに注意するだけの簡単な方法なのでぜひ試してみてください。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク