【縁結び】神田明神のお守りおみくじの種類

東京にある神田明神ですが、お守りおみくじにはどのような種類があるのでしょうか。

神田明神とは?

また神田明神のご利益やお守りおみくじの種類等を紹介します。

神田明神とは

まずは神田明神についてです。

正式名称は、神田神社です。

神田、日本橋、秋葉原、大手丸の内、旧神田市場、築地魚市場一、108町会の総氏神様です。

御祭神は、一之宮『大己貴命(おおなむちのみこと)』、二ノ宮『少彦名命(すくなひこなのみこと)』、三ノ宮『平将門命(たいらのまさかどのみこと)』です。

お守りの種類について

続いて神田明神のお守りについて紹介します。

・縁結び御守

・病気平癒お守り

・厄除け平将門公のお守り

・神田明神×ラブライブ!コラボ御守

この他にも、こち亀などのコラボグッズもあります。

・勝守

・IT情報安全守護お守り

・ハローキティ40周年のお守り

・ハートのお守り→願い事をハガキに書いて郵送すると、それを御祈願いただけます。

・大開運守り

・大国主命ウサギのお守り

・平将門のお守り

・ペットお守り

・夢叶守

・美守

・日の丸スポーツ守り

・なまずの災難・厄除け守り

大国主命のきっと叶う守り

・幸守

・合格守り

・福馬守り

以上となります。

1年たった古いお守りや神札は、古神札納め所にお納めし、新しいお守りやお札をお受けしてください。

この他に、祈願串というものがあり、願い事を書いて祈願します。

社務所の隣にあり、参拝者から人気があります。

毎年1月に祈願串成就祭が行われます

おみくじについて

続いて神田明神のおみくじについて紹介します。

神田明神のおみくじは、縦長の一般的なタイプとなっています。

おみくじの上部に吉凶の運勢が表記されていて、その下に和歌とその解説が記されています。

おみくじの下部には、待ち人や学業など各願意の運勢が記されています。

おみくじの裏にはQRコードが印刷されていて、秋葉原に近いという点で、らしさが出ていると言えますね。

このおみくじですが、神田明神の本殿向かって左にある授与所で引くことができます。

授与所の受付に、おみくじ筒が用意されているので、受付の巫女さんや神職の方に、おみくじを引きたい旨を伝え、筒を振り、出た棒の番号を伝え、その番号のうみくじを受け取ってください。

引いたおみくじを結ぶ場所ですが、境内複数色々な形のおみくじ掛けが設置されています。

円錐形のおみくじ掛けや、短い円筒タイプのものもあります。

ハート型のおみくじ掛けもありますよ。

どこに結ぶか考えるのも楽しみになりそうですね。

パワースポット

神田明神は、パワースポットとしても有名です。

神田明神には、とても良い気が流れているとのことです。

神田明神のパワースポットは、獅子山の滝です。

御札・お守りの授け所の少し先に小さな滝があり、そこがパワースポットです。

岩を組んだ人工の滝ですが、常に水が流れています。

滝の上に獅子の夫婦がいて、子供の獅子を下に突き落としています。

見どころは、銭形平次の碑です。

銭形平次のファンは必見ですね。

まとめ

神田明神は、東京都千代田区神田にある神社で、アクセスもよく行きやすい場所にあります。

参拝時間は24時間なので、いつでもお参りできますね。

お守りの授与は、9時~16時半で、御朱印・御祈祷などは、9時~16時となっています。

ご利益は、色々ありますし、パワースポットでもありますし、お守りの種類もアニメとのコラボなど珍しいお守りが多くあるので、お土産にしても喜ばれるかもしれませんね。

年間通して、色々な行事もあるので、お正月に限らず足を運んでみると良いかもしれませんね。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク