ハーバルボールで自分磨き!ハーブの種類や作り方と使い方

ハーバルボールとハーブボールという言葉を聞いたことがありますか?

どちらも同じものを指しています。
タイトルでは、ハーバルボールとしましたが、ここではハーブボールという名前を使ってお話を進めています。

ハーブボールが最近とても人気を集めています。
自宅でできる点が気軽に取り入れられて良いのかもしれませんね。

健康で美しくありたいという思いを込めてハーブボールを取り入れている方が増えているのだと思います。
ハーブボールは、タイで古式マッサージとともに広く伝わり使われています。
自宅で自分で作れるので、自分磨きも気軽に取り組めますね。

そこでハーブボールの作り方や使い方を順に説明させていただきます。

ハーブボールについて

まずは、ハーブボールとは何か?についてからお話させてもらいます。

ハーブボールとは、天然ハーブを詰め込みボール状にしたものです。タイが発祥とされています。

タイでは蒸したハーブをボール状にしたものをタイ式マッサージの施術後に肌や関節にあてて使用します。

ハーブボールの効果

ハーブボールを肌や関節にあてることで、ハーブの効果と温熱効果のどちらの効果もあり、血行促進や発汗促進をしてくれますし、ハーブの香りで気持ちもリラックスします。
他にも産前・産後のケアにハーブボールを使うことも可能です。
ハーブボールは、温熱効果が高いので、下腹にあてることで下腹部を温めてくれますし、ハーブの働きも浸透するので、産前・産後のケアに向いているのですね。
またハーブボールの効果か、医学的にはわかっていませんが更年期障害のケアにも向いているようで、タイでは更年期障害で辛い思いをされる女性が少ないです。

ハーブボールは、女性の味方と言えますね。

もう少し詳しく効果についてお話します。
・ハーブと蒸気の温熱効果で発汗とデトックス効果が期待できます。
・温熱効果により、血行促進され血液循環がよくなりダイエット効果が期待できます。
・身体の凝りのケアや冷え性のケアにも効果的です。
・気持ちがリラックスできること、自律神経が乱れている場合は、そのケアと自然治癒力アップが期待できます。
・美肌効果が期待できます。
・ハーブの成分が経費吸収されることから体質改善が期待できます。
この他、使うハーブの種類により様々な効果が期待できます。

使用するハーブについて

日本でも入手しやすいハーブを紹介します。

・ヨモギ
・ハトムギ
・ツキミソウ
・クワノハ
・ゲットウ
・スギナ
・ショウガ
・ユズ
です。

女性ホルモンのバランスを整える助けをしてくれたり、美肌、デトックス、便秘改善、心身のリラックス、利尿作用により浮腫み改善、冷え性改善、疲労回復、ストレスケアなど、様々な効果が期待できるハーブです。

作り方

<材料>
・お好みのハーブを100~130グラム
・1辺が35~40センチで綿100パーセントの布
・塩を3~5グラム
・適当な長さのタコ糸

<手順>
1、ハーブを細かくし塩をまぶしてよくかき混ぜてください。
(ハーブは、手でちぎっても良いですしハサミや包丁を使っても良いです)

2、布を敷いて、真ん中にハーブを置いて布の四方を上げてハーブの部分が丸くなるように形を整えて根本を紐でくくってください。

3、余った布を巻いて1本にまとめて持ち手部分にして紐で縛ってください。
以上です。

ハーブボールの使い方

ハーブボールを作ったら実際に使ってみましょう。
その前に準備をします。

ハーブボールが半分くらい浸かる量の水を張ってください。
持ち手に浸透しないように気を付けながら、ハーブボールを浸けて揉みながら水を浸透させてください。

5分くらい経ったら水から上げて余計な水分は絞ってください。
蒸し器で5~10分くらい、電子レンジの場合はラップをして600ワットの場合で2~3分くらいを目安に蒸してください。

持ち手部分が熱くなっているのでタオルなどを巻いて保護し、ボール部分が熱すぎないことを確認してから使用します。
ここまでの準備が整ったら使用します。

目の疲れが気になる場合は、目に、肩凝りが気になる方は、凝りの辛い部分に、お肌が気になる場合は、その部分へ、自分の気になるところにハーブボールを当てて、マッサージをしましょう。
肌に直接あてることが気になる場合は、服の上からでも良いです。

ただしハーブの色が落ちることがあるので、色落ちしても大丈夫な服を選んでくださいね。

またお風呂でも使えます。小さいサイズのものを作っておくと、お風呂でも使いやすいです。湯船につかりながら使うと良いですよ。

ハーブボールは、何回か使えるので使用が終わったら粗熱をとって冷蔵庫で保管します。そのまま放置するとカビが生えることがあるので、冷蔵庫での保管してくださいね。

ハーブの香りがなくなったら、使用期限と思って新しいものを作ってください。

最後に

ハーブボールは、簡単に作れて簡単に使うこともできて、でも高い効果が期待できる健康的な美容グッズですね。

ハーブを自分好みのものを使用したり、自分の気になる症状に対して効果の高いハーブを使用するなど、その時その時に合わせて取り入れることでキレイに健康に、気持ちも前向きになれそうですね。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク