【浄化リラックス】ホワイトセージ!効能や育て方・焚き方・使い方

ホワイトセージをご存じですか?

ホワイトセージに浄化作用があるって本当?育て方や効能、使い方などを紹介!

アメリカ西海岸に自生するハーブの名前です。

ネイティブアメリカンが神聖な儀式で浄化する時に用いられていたことで知られています。

ホワイトセージは、自分で育てることができます。

ただ、初心者には栽培が難しいことでも有名なハーブですが、絶対に無理というものでもありません。

そこで、ホワイトセージの育て方や効能、焚き方や使い方を紹介します。

ホワイトセージについて

まずは、ホワイトセージについて紹介します。

名前は、ホワイトセージです。

シソ科の植物です。

属名は、アキギリです。

多年草で、花期は4~7月です。

花言葉は、家族愛と尊敬です。

育て方

では育て方を紹介します。

多湿に弱く、太陽と乾燥を好むものの水不足には弱いです。

春と秋は日光をしっかりあててください。

夏は、風通しの良い斑日陰に置いてください。

梅雨時季は枯れた葉を摘む切り戻しをして風通しをよくしてあげてください。

マイナス5度が耐寒温度です。

冬場は、小さな苗のうちは室内に置くと良いです。

また、屋根のある場所で防寒対策をしてください。

以上が、栽培環境です。

続いて、植え付けです。

鉢植えの場合は、2年に1回植え替えをすること、そしてハーブ用の土を使ってください。

種は、3~5月か9~10月に蒔くと良いです。

発芽用のポットやパレットを使うようにしてください。

土は、発芽専用のものを使い、種蒔きをする前に水に10分ほど浸しておくと良いですよ。

土の表面が乾いたら水をやります。

水が足りないと葉が歪んできます。

肥料は控えめにして、生育期には薄めの液肥を使います。

暖効性肥料を2カ月に1回の頻度で使ってください。

摘芯し脇芽を増やすと下部が大きく育ちます。

草丈1.5メートルくらいに下部が育ってから花が咲きます。

ポット苗から育てて花期がくるまでは、数年かかります。

挿し木で増やすことが可能です。

焚き方

続いて焚き方です。

灰皿やお香皿など灰を落とす器と、ドライハーブにしたホワイトセージの葉を用意してください。

1、 葉に火をつけて振ったら、すぐに炎を消してください。

2、 お香のように煙だけ出てくるので、10~20秒ほど浄化したい物に煙をくぐらせてください。

(灰になった葉は、そのまま器に残しておくて良いですよ。)

効果・効能

ホワイトセージの効果・効能についてです。

ホワイトセージを焚くことで、邪気を焼き払ったり、人や空間の浄化作用、集中力を高めたり、事前治癒力アップが期待できます。

また、脳や神経を刺激したり、胃腸の調子を整え消化や吸収力アップも期待できます。

血行の改善により、血圧を下げたり、冷え予防や抜け毛予防効果もあります。

ホワイトセージの使い方

先ほど、ホワイトセージの焚き方を紹介しましたが、他にも使い方があります。

それはスプレーとして使うことです。

ホワイトセージを細かくし、無水エタノールにつけます。

手のひらサイズのスプレーボトルの場合、ホワイトセージの葉を3~5枚使用します。

エタノールは、それらが完全につかるくらい用意します。

無水エタノールにホワイトセージの葉をつけて、黄色い色が出たらスプレーボトルに移して、エタノールの2倍くらいの精製水を加えて完成です。

簡易の浄化に使えますし、部屋にスプレーすることで、カビ対策にも便利です。

注意すること

ホワイトセージは、気持ちのリラックスや身体の健康など、様々な効果が期待できるハーブですが、注意することもあります。

それは妊娠中や薬を飲んでいる方にはオススメできないということです。

ホワイトセージには、煙や香りで様々な成分が含まれているので、妊娠中の方や薬を飲んでいる方の使用は控えた方が無難です。

そうでない方には、もちろん使用可能なので、自分の身体の様子を見ながら、取り入れていくと安心ですね。

自分で育てて、健康やリラックスのために役立ててください。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク