【浄化】ブルーソーラーウォーターの効果は嘘?

あなたは、ブルーソーラーウォーターを飲んだことがあるでしょうか。

ブルーソーラーウォーターは、今密かに人気を集めていますよ。

ブルーソーラーウォーターとは?その効果や真実について!

自分で作れて、それを取り入れることで心や身体の洗浄効果があると言われています。

一方で、ブルーソーラーウォーターの効果は嘘もあり、その真実に迫りたいと思います。

ブルーソーラーウォーターとは

まずは、ブルーソーラーウォーターについてです。

名前の通り、ブルーのボトルや瓶に水を入れたものです。

これを日光にさらすことで潜在意識を浄化する波動を蓄えた水になり、癒しや浄化効果を得られると言われています。

ハワイの「ホ・オポノポノ」という『ありがとう、ごめんなさい、許してください、愛しています』という古代から伝わる癒しの方法です。

これらが潜在意識をクリーニングすることで問題を解決する思想と言われており、この言葉をセットにして繰り返し言葉にすることで、潜在意識が変換され、癒し、浄化されるのです。

ブルーソーラーウォーターを飲むと、ホ・オポノポノの言葉の中の「愛しています」と同じ役割効果があるそうですよ。

作り方

では実際にブルーソーラーウォーターを作ってみましょう。

用意するものは、青いボトルです。

専用の入れ物も売っていますが、特別なものを使う必要はありません。

お酒などが入っていたボトルでOKです。

瓶が理想的ですが、なければペットボトルで大丈夫です。

ボトルに水道水を入れて太陽光に30分~1時間ほどさらします。

1時間以上過ぎても問題ありません。

簡単に作れますね。

曇り被雨の日など太陽が隠れていても作れますよ。

ブルーソーラーウォーターの効果

気になる効果についてです。

水道水をブルーソーラーウォーターにして飲むと甘く感じる、ミネラルウォーターに劣らず美味しく感じる、という口コミや感想があります。

潜在意識で自動再生されている不要な思考が浄化され、鬱やマイナスな考え方がクリーニングされる効果があります。

リウマチや筋肉痛に効果があるとも言われています。

またアトピーケアにも良いと言われています。

水道水に日光をあてることで塩素が抜けることと関係があるようです。

そのまま飲んでも良いですし、お風呂上りにブルーソーラーウォーターを肌にスプレーするなどといった使い方もオススメです。

自分で作ったブルーソーラーウォーターは何日間くらい飲めるのか

ブルーソーラーウォーターを作って、その日のうちに飲み終わらない場合、どうしたら良いのか気になりますよね。

ブルーソーラーウォーターは、飲料水として冷蔵庫での保管で3~4日程度飲めます。

もし、この日数を過ぎた場合は、お風呂に入れたり、洗顔や掃除に使ったり飲むこと以外の用途で使用してください。

その他の使い方

ブルーソーラーウォーターを作って、そのまま飲むのも良いですし、他にも摂り方があったら知りたいですよね。

そこで、使い方を紹介します。

料理に使っても良いですし、コーヒーや紅茶を入れるために使っても良いです。

先ほども紹介しましたが、お風呂や洗顔、洗濯や浄化スプレーとして使うのもオススメです。

料理やコーヒー紅茶に使うと、美味しくなりますし、お風呂に入れると浄化効果がお風呂のお湯に加わるので、バスタイムが更に癒される時間になることでしょう。

そこへハワイアンソルトを入れると、更に効果が期待できます。

ブルーソーラーウォーターの効果は嘘か本当か

青い瓶に水道水を入れて太陽光をあてて、それて潜在意識がクリーニングされるということは嘘ではないか?という噂があります。

確かに化学的に実証するのは難しい部分もあるかもしれませんよね。

しかし青色は、心身を落ち着かせるリラックス効果があり、青色の光の波動には浄化作用があると言われています。

青色光を照射した水を飲み続けることで、アンチエイジングや美容、ダイエット効果があるとも言われています。

最後に

ブルーソーラーウォーターを信じるか信じないか、嘘か本当か、それは試した人にはわかりません。

青いボトルがあれば誰でも簡単に作れますし、身体に害はないものなので、まずは試してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク